Logotype

国際測定標準化により実現した、

信頼できるシスタチンC、クレアチニンベースの

相対、絶対推算GFR自動計算ツール

はじめに

本サイトは病態背景、利用の要点を簡潔にまとめ、推算GFRを求める自動計算ツールサイトです。

腎機能を正しく評価して、安全に薬物治療、造影剤を投与するためには、患者の糸球体濾過量(GFR)の把握が重要となります。 このためにイヌリン、51Cr-EDTA、イオタラメートによる腎クリランス、あるいはイオヘキソール、51Cr-EDTA1,2 による血漿クリアランスなどの精密 GFR測定が実施されます。しかし、これらは生体侵襲をともない、コストも高く、リスクを完全には排除できず、また結果報告まで時間を要するなどの問題があり、日 常診療では、シスタチンC(CC),クレアチニン(Creat)ベースの推算式の利用が有用です。

近年国際標準物質によりシスタチンC,クレアチニン測定法が標準化され3-8、精 確度の高いシスタチンCベースCAPA推算式6、およびクレアチニンベースLM-Rev推算式7, 8が設定されました。

成人では、シスタチンCとクレアチニンによる推算GFRの加算平均がもっともGFRに近似し、 それぞれの推算GFRを比較し信頼性を実証しました3-5。一方、小児ではシスタチンC単独によるものが最適です6

相対GFRの計算

血漿/血清シスタチンC濃度は体組成の影響を比較的受けにくいことから、シ スタチンCベースの推算式は、血漿/血清濃度と患者年齢の2つのパラメータだけで設定され、小児から大人までカバーされます6

クレアチニンベースの推算式は、これだけではとどまりません。血漿/血清クレアチニン濃度が筋肉量で大きく 左右されるために、さらに患者の年齢、性から平均的な筋肉量を求めて設定します3,7, 8

成人患者ではほとんどの場合、相対GFR(GFRCC+creat:シスタチンC、クレアチニン推算GFRの算術平均)が精密測定に最も近似し、そ の信頼性はそれぞれの推算値の一致度から確認しています3-5。一方、小児ではシスタチンC単独式が最も良好な結果が得られました6

シスタチンC,クレアチニン推算GFRの選択法3

成人では、シスタチンC、クレアチニンの推算GFRの両者が一致した場合には、侵襲を伴う精密GFR測定の実施は不要で、 両者の平均値のGFR(GFRCC+creat)、で推算できます。もし両者が一致しない場合には、患者の臨床的評価を行わなければなりません。筋 肉量が年齢、性の予想値から著しく外れる病態(例えば麻痺、臥床状態、食思不振による減少、ボディービルディングによる増加)、 あるいは直近のボイル肉の摂取や、尿細管でのクレアチニン排泄促進剤の投与などでは、シスタチンC単独推算式の利用が推奨されます9-13

これに対して、グルココルチコイドの経口投与、筋注ではシスタチンCの産生が促進されることから、性、 年齢も加味したクレアチニンベースの式を利用が求められます14

上記以外の場合には、生体侵襲性を伴う精密GFR測定が適応となる場合も想定されます。 例えば甲状腺機能亢進症では、シスタチンCは腎前性の濃度増加が、クレアチニンは腎前性に低下し、腎機能を反映するものと異なり、算定できなくなります15。本 サイトのGFR推算式は、シスタチンCベースは文献6(CAPA推算式)、クレアチニンベースは文献7、8(LM-Rev式)を参照ください。

絶対GFRの計算―相対GFRから求める

腎機能の評価に相対GFRは活用され、単位はmL·min-1·(1.73m2)-1、あるいはmL/min/1.73 sqmで表わされます。 これは男女、小児、成人を問わず、一定の体表面積に対し補正することで、同一基準のもとでの腎機能の評価、経過観察を可能にしています。 ただし、それぞれ個人が持つ体表面積を反映したものではありません。 従って、腎から体外に排泄される薬物、あるいは造影剤の投与濃度を個別に正確に決定する場合などには、絶対GFRの算定が必須となります。 絶対GFR(”Absolute GFR”)は、 体重、身長、相対GFR(”Relative GFR”)から求められます。 なお、体表面積はDubois、Duboisの換算式で算定されます16

  1. Soveri I, Berg U, Björk J, Elinder CG, Grubb A, Mejare I, Sterner G, Bäck SE on behalf of the SBU review group. Measuring GFR: A Systematic Review. Am J Kidney Dis 2014. In press. DOI: http://dx.doi.org/10.1053/j.ajkd.2014.04.010
  2. Methods to estimate and measure renal function. SBU 2013. A systematic review.
  3. Grubb A. Non-invasive estimation of glomerular filtration rate (GFR). The Lund model: Simultaneous use of cystatin C- and creatinine-based GFR-prediction equations, clinical data and an internal quality check. Scand J Clin Lab Invest, 2010; 70: 65 - 70
  4. Nyman U, Grubb A, Sterner G, Björk J: Different equations to combine creatinine and cystatin C to predict GFR. Arithmetic mean of existing equations performs as well as complex combinations. Scand J Clin Lab Invest 2009; 69: 619-627.
  5. Grubb A, Nyman U, Björk, J: Improved estimation of glomerular filtration rate (GFR) by comparison of eGFRcystatin C and eGFRcreatinine. Scand J Clin Lab Invest 2012; 72: 73-77.
  6. Grubb A, Horio M, Hansson LO, Björk J, Nyman U, Flodin M, Larssson A, Bökenkamp A, Yasuda Y, Blufpand H, Lindström V, Zegers I, Althaus H, Blirup-Jensen S, Itoh Y, Sjöström P, Nordin G, Christensson A, Klima H, Sunde K, Hjort-Christensen P, Armbruster D, Ferrero C: Generation of a new cystatin C-based estimating equation for glomerular filtration rate using seven assays standardized to the international calibrator. Clin Chem 2014; 60: 974 - 986 + unpublished observations
  7. Björk J, Grubb A, Sterner G, Nyman U: Revised equations for estimating glomerular filtration rate based on the Lund-Malmö study cohort. Scand J Clin Lab Invest 2011; 71: 232-239.
  8. Nyman U, Grubb A, Larsson A, Hansson L-O, Flodin M, Nordin G, Lindström V, Björk J: The revised Lund-Malmö GFR estimating equation outperforms MDRD and CKD-EPI across GFR, age and BMI intervals in a large Swedish population. Clin Chem Lab Med 2014; 52: 815-824. DOI: 10.1515/cclm-2013-0741
  9. Thomassen SA, Johannesen IL, Erlandsen EJ, Abrahamsen J, Randers E. Serum cystatin C as a marker of the renal function in patients with spinal cord injury. Spinal Cord 2002; 40:524-8.
  10. Viollet L, Gailey S, Thornton DJ, Friedman NR, Flanigan KM, Mahan JD, Mendell JR. Utility of cystatin C to monitor renal function in Duchenne muscular dystrophy. Muscle Nerve 2009;40:438–42
  11. Preiss DJ, Godber IM, Lamb EJ, Dalton RN, Gunn IR. The influence of a cooked-meat meal on estimated glomerular filtration rate. Ann Clin Biochem 2007;44:35– 42.
  12. Tangri N, Stevens LA, Schmid CH, Zhang YL, Beck GJ, Greene T, Coresh J, Levey AS. Changes in dietary protein intake has no effect on serum cystatin C levels independent of the glomerular filtration rate. Kidney Int 2011;79:471–7.
  13. Blackwood WS, Maudgal DP, Pickard RG, Lawrence D, Northfield TC. Cimetidine in duodenal ulcer. Controlled trial. Lancet 1976;2:174–6.
  14. Risch L, Herklotz R, Blumberg A, Huber AR. Effects of glucocorticoid immunosuppression on serum cystatin C concentrations in renal transplant patients. Clin Chem 2001; 47:2055-2059.
  15. Karawajczyk M, Ramklint M, Larsson A. Reduced cystatin C-estimated GFR and increased creatinine-estimated GFR in comparison with iohexol-estimated GFR in a hyperthyroid patient: A case report. J Med Case Reports 2008; 2:66.
  16. DuBois D, DuBois EF. A formula to estimate the approximate surface area if height and weight be known. Arch Intern Medicine. 1916; 17:863-871.

相対GFRの算定

µmol/L mg/dL

不詳 男性 女性




絶対GFRの算定-相対GFRから

a mL/min/1.73 m2